ベジママに配合されているピニトールって何?

妊活に強みを持つピニトールという成分

ベジママに配合されているピニトールという成分が入っていますが、ピニトールって何?という方も多いと思います。

 

このページではピニトールという成分について紹介していきます。

 

 

妊娠中は赤ちゃんもママも特に必要な栄養があります。

 

一般的に知られているのは葉酸ですが、特に妊活に強みを持つピニトールという新しい成分に着目して作られたのがベジママです。

 

 

聞き慣れないピニトールという成分ですが、これは、マメ科の植物に含まれる天然物質です。

 

血糖値を下げ、生活習慣病を予防すると言われて注目されています。

 

 

 

ピニトールは摂取すると、カイロイノシトールという成分を促進させますが、この成分は不妊の原因を解明するために使用されるなどの研究が進められていて、妊活に繋がりが深いと言えるものです。

 

具体的な効果には身体のリズムやコンディションを整えて、女性らしさを作り上げるというものがあります。

 

 

土台となる身体をしっかりと固めた上で妊活に励むことができます。

 

カイロイノシトールは植物由来で自然に存在するものですが、多くの植物にはあまり多くは含まれていないものです。

 

 

アイスプラント

 

そこでベジママは、ピニトールを通してという植物からそのメリットを得ています。

 

アイスプラントはヨーロッパで古くから食されている馴染みのある植物です。

 

 

またアイスプラントにはその他にもミネラルが豊富に含まれているため、副産物としてその恩恵も受けることができます。

 

 

ベジママに使用されるアイスプラントは、完全閉鎖された清潔な工場で育てられています。

 

 

なので特にデリケートな妊娠中でも安心して飲むことができます。

 

 

 

ピニトールは人が日常で口にしている食材にも含まれていますが、ママに必要な260mgの量を十分に摂取しようとすると途方もなくなってしまいます。

 

 

その量は一日当たりで豆乳約700ml、大豆であれば約433粒に相当します。

 

これらを継続して食べ続けることはとても不可能です。

 

 

その点ベジママであれば、260mgを一日4粒で補うことができます。

 

 

ピニトールばかりが注目されがちなベジママですが、必要な葉酸もしっかりと配合されています。

 

一日に推奨されている量の400μgが、吸収力のあまりよくないポリグルタミン酸ではなくモノグルタミン酸の形で入っています。

 

 

葉酸を摂るために他のサプリメントと併用する必要がありません。

 

 

そして葉酸と相性の良いビタミンB12や、還元作用をもつルイボスやビタミンC・Eが、しっかりとした身体作りをするためのサポートをしてくれます。

 

 

また日常のきちんとした食事の上で、足りないものを補うというスタンスを持った食品サプリメントです。なので食事で足りると考えられている鉄分とカルシウムは含まれていません。本当に必要と思えるものだけを摂取したい人は選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

ベジママの詳細はこちら